キャッシング利用で避けたい延滞と長期の影響

キャッシングの利用で一番避けたいのが延滞です。
1日でも延滞すれば、遅延損害金が元金・利息に加わる形で加算されます。
しかし、遅延損害金を払えば済むと軽く考えてはいけません。
遅延損害金は契約を履行できなかった損害金の意味があります。
契約を履行できない、つまり信用を落とすということになるのです。
キャッシングの利用の前提は無担保・保証人をとらない代わりに個人の信用で貸し付けるものです。
そのため、延滞はその後のキャッシング利用に影響し、増額融資はもちろん、返済しても利用可能額はゼロとなることがあります。
また、長期の延滞となると信用情報機関に登録され、重大な信用問題に発展します。
信用情報機関で延滞扱いとなるのは3ヶ月、実際には1日でも情報が残っていますが、長期の延滞は他の利用分にも影響が波及し、期限の利益喪失という規約から一括返済を迫られることがあります。
どうしても遅れそうな時は連絡を入れること、これがキャッシング利用のマナーです。
延滞を放置していると、催促だけでなく、裁判所を介しての強制執行・返済になることがあります。